nobitasun186のブログ

ぶたいぬくんのはてな日記

島根県の山間部で生活しています。毎日考えた事やした事を日記の様に書けたらと思います。

活動から得られるもの

音楽を作ったり、ブログを運用したりしてなんの意味があるか。

得られるもの

文章能力の向上
いろいろな事への興味・知識
思考や活動のログ
収入

失うもの

他の事へ費やせたはずの時間

デメリットを書いてはみたものの、こうしてみるとブログを書く事はメリットしかないように思う。
でも実際に書こうと思うとすぐに手が止まる。何故か。

何かを作ってしまうと、作ったものを目にしないといけない。
それは自分と向き合う事と同じことであり、非常につらい気持ちになる。
自分と向き合う事は辛い。

自分の能力
根気
対象に対する熱意

そういったものを、創作物から読み取ってしまう。自分の作ったものは自分で溢れてる。
島本和彦の「アオイホノオ」はそういった苦しみが描かれてると思う。ギャグで覆ってあるから気軽に読めるけど。
しかも身近なところに凄い成功を収める同世代の存在がいて、劣等感をこれでもかという程感じたはずなのに、逃げずに闘い続けた事が本当に凄い。島本先生は凄い。

苦しみを増やしたくない

アオイホノオ程ではなくても、多くの人の生活は辛い。
ウマの合わない同僚や上司、意に沿わない仕事。自分を理解してくれる人間の不在。借金・漠然とした未来や過去への絶望。

普通に生活していれば苦しい。

何かを生み出す事も苦しいなら、何もしない方が良いし、余計な苦しみは増やしたくない。
でも、逃げたくない。

何年か前に尊敬する先輩が、歌は戦う事だって言ってた事を思い出した。本当にそう思う。