nobitasun186のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の感想と私による説明

島根県の山間部で生活しています。毎日考えた事やした事を日記の様に書けたらと思います。

Google Map タイムライン機能を見てライフログの大切さを考えた

Google Mapのタイムライン機能が凄いです。
位置情報が記録され、PCのGoogleMap上で行動履歴を確認出来ます。
僕はこれを見て、毎日の自分の行動範囲があまりに狭い事に驚きました。

Google Photosを利用し、位置情報も送信している場合は写真も紐づけられます。

地図上で時間と共に写真を見ると、その時のいろいろな事が思い出せます。
写真だけで見るより思い出がより深く記録されるように感じます。

また、これらのデータを人工知能が利用する事で、イベント情報やお店など、個人に最適化された情報が送られてくるようになるかもしれません。もう既になってるのかも。

大量の情報がGoogleに把握されるのが怖いという方もいますが、個人的にはそれがもたらすものはメリットの方が大きいんじゃないかなと思います。
Googleだけじゃなくて、個人のライフログが可視化出来るという事は、医療に限らずいろいろなサービスをより良くしていく事につながります。

行動履歴が自動で保存される事は非常に便利です。
以前自分で飲酒頻度を管理していましたが、2016年の3月16日を最後につけていませんでした。

作業量自体は少なくても、手動での操作が必要だとどうしても忘れたりさぼったりしてしまいます。
2,3日以上空くと忘れてしまうので、正確な状態の把握が出来なくなります。

ライフログが自動で正確に保存されていれば、自分でも客観的に見られるので生活改善につながりやすいです。
何かウェアラブル端末買ってみようかなと思います。

xiaomi mi band


安いしiOS対応しているので良さそうです。
防水でバッテリーの持ちも良いとのこと。



あまり直面する事はないかもしれませんが、ライフログをつけていれば事件事故に巻き込まれた時にも役立つシーンがあると思います。

よく刑事ドラマで、アリバイがなくて容疑者にされる人がいますが、そんな時にも役立つはずです。

それを逆手に取った偽装工作なんかも多くなりそうですが。




情報の種類にもよりますが、自分の行動や情報をあまりにも外部に出さない、という事は危険な事だと思います。
孤独死なんかの防止もこれらの技術が役立つのではないでしょうか。